« いただきもの(その27) | メイン | 大阪・堺 旧港観光市場 »

2009年12月14日 (月)

ラスベガス ICHIBAN@Billys

02_2
























一攫千金を夢見てラスベガスへ。
ここまで来て蕎麦喰うか、と思いながら、言いながら、結局来てしまった。
BallysホテルのICHIBAN
左のガラス棚はメニュー見本。右のガラスは、なな何と、活ロブスターのUFOキャッチャー。

03_2























閉店間際のため空いてます。
オーナー夫婦?は日本人。シェフとかウエイトレスはアジア系。

04























ご当地ビール。冷えてるとラベルの山模様が銀色になる、温いと青黒系。
このアイデア良いですね。

05























蕎麦は色黒、田舎系。
いかにも機械打ちで艶々、角は立ってなくてスパゲティー状態。
やっぱ、無理だわなぁ。

06























天婦羅は、まあまあかな、

07























大好物の生牡蠣、砂漠のど真ん中で、行って見ました。
結構いけますよ。

08
























ミセスは寿司、アメリカらしく「ロール」です、海鮮です。

09























ベガスのシンボル、べラジオの噴水ショー。
真夜中です、ベガスは眠りません。

01_2























セレブですねぇ、乗用車の3~4倍の長さ、ダックスフント系。
セクシーなお嬢ちゃん達と、イケメンのお兄ちゃん達がディスコクラブお出掛けです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/350731/22549469

ラスベガス ICHIBAN@Billysを参照しているブログ:

コメント

秀山さん、こんばんわ。
海外の観光地とか、ビジネス街とか、日本人が行きそうな所には、結構「そば屋」があるもんなんですね。

流石に「本格手打ち」は滅多に無くて、製麺所から買ってるはずです。

しかも、そば屋とは言いつつ、和食+寿司+そば+うどん+居酒屋ですね。

やきとり君、こんばんわ。happy01

ラスベガスに行かれたとは凄いですね。coldsweats02
なんかとってもうらやましいです。shineshineshine

ベガスで蕎麦と言う大変意外なくみあわせですが、
お味の方はやはり難しかったのでしょうか。sign02
天麩羅もなんかフリッターみたいに見えますね。coldsweats01

でもさすがに本場カルフォルニア寿司はとっても美味しそう。delicious
一度本場のを食べてみたいですね。happy01

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

フォトアルバム
Powered by Six Apart